一般社団法人相続なんでも相談センター

LINEで個別相談 お問い合わせはこちら

[営業時間] 9:00 〜 18:00 / [定休日] 土,日,祝

相続・終活マガジン

相続について

【上場株式はどのように評価するか】上場株式とは、金融商品取引所(証券取引所など)に上場されている株式をいいます。上場株式の評価額は、①課税時…

【借地についての評価】借りている土地を相続した場合、それが借地権の設定されている土地(借地)である場合は相続税の課税対象になります。借りて…

【どんな特例なのか】相続財産の中に被相続人が事業用や居住用に使っていた土地が含まれる場合、それは遺族にとって生活の基盤となる財産であり、簡…

【不動産の評価方法は種類(地目)ごとに異なる】一口に不動産といってもその種類はさまざまで、それぞれに異なる評価方法が定められています。おも…

【宅地の評価方法には路線価方式と倍率方式がある】宅地の評価方法は路線価方式と倍率方式の2種類があり、どちらかの方法で評価することになっていま…

【遺産にはどんなものがあるのか】相続税を計算する際には、何が相続税の対象で、それぞれの価値がいくらなのか、評価することが必要です。そのため…

【相続税はなぜ課税されるのか】相続税とは、故人(被相続人)の財産を、相続や遺贈により取得した人に対して課される税金をいいます。相続税が課せ…

土地や建物といった不動産は、法務局(登記所)が管理する「登記簿」という帳簿に所有者として氏名や住所が記載されることで、はじめて他人に対し、…

【法定相続証明制度は何のために利用するのか】相続登記の手続きは、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本など、多数の書類…

【どんな書類が必要になるのか】相続登記を申請するときは、さまざまな書類をまとめて、法務局へ提出する必要があります。必要となる書類の種類は、…

【なぜ、相続登記が必要になるのか】相続登記とは、被相続人が所有していた土地や建物(不動産)の名義を相続人の方へ変更する手続のことで、法務局…

【どんな場合に問題になるのか】相続をめぐっては、遺産分割に関するトラブル以外にも、その前提問題についてトラブルが生じることがあります。具体…

【どんな場合に利用するのか】相続人が複数いる場合、通常は遺産分割協議によって遺産分割を行います。しかし、特定の相続人が遺産分割協議に応じな…

【配偶者の居住の権利とは】2018年の相続法改正により、被相続人(故人)の配偶者の居住権を保護する制度が導入されました。具体的には、配偶者の居…

【金銭債権も遺産分割の対象になる】相続財産の中には、故人(被相続人)が生前から銀行などに預けていた預貯金口座の金銭も含まれます。預貯金口座…

【どんな場合に必要になるのか】遺産分割協議において、相続人全員が相続財産の配分に関して合意に至った場合は、遺産分割協議書を作成します。遺産…

【遺産分割はいつまでに行うべきか】民法では、相続人全員が参加する遺産分割協議に関して、いつまでに成立させなければならないという期限を設けて…

【遺言書は勝手に開封してはいけない】自宅などで「遺言書」と書かれている封筒を発見した場合、勝手に開封してはいけません。必ず家庭裁判所に封筒…

【遺留分は相続人の生活を保護する制度である】私たちは、生きている間はもちろん、死亡した後も、自分の財産の行方について自由に決定することがで…

【自筆証書遺言とは】自筆証書遺言とは、遺言者自身が遺言書を手書きで作成することによって成立する遺言をいいます。遺言者は遺言の本文・日付・氏…

【公正証書遺言とは】公正証書遺言とは、遺言者が伝えた遺言の内容を、公証人が公正証書の形式によって書面化する方式の遺言をいいます。公正証書遺…

【どんな場合に遺言の取消しが問題になるか】遺言は、遺言者が生前に作成し、遺言者が死亡した時点で効力が発生します。しかし、生きている間に、遺…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。