相続・終活ブログ|相続・土地相続・終活のことなら「一般社団法人相続なんでも相談センター」

LINEで個別相談 お問い合わせはこちら

[営業時間] 9:00 〜 18:00 / [定休日] 土,日,祝

相続・終活マガジン

葬儀の作法と流れ

2020/12/02

【終活と相続のアドバイス】葬儀の作法と流れ

終活講座

エンディングノートの完成をお手伝いします

終活について、知っておくと困らないこと、家族を困らせないために必要なこと。

そんな終活についてのヒントをお届けし、あなた独自のエンディングノートの完成をお手伝いします。

 

☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡☆ミ☆彡

 

【葬儀の作法と流れ】

 

おそらく、この記事をお読みくださっている皆さんは「葬式」にも「葬儀」にも参列したことがあるでしょう。

 

「葬式」は、一般的に「通夜」「葬儀」「告別式」といった一連の儀式の総称として使われています。

 

「葬儀」は、狭い意味では「通夜」と「告別式」の間に行われる宗教儀式を指しますが、広い意味では「葬式」と同様に総称として使われることも多いです。

 

「通夜」だけに参列する人も多いと思いますが、これも広義では「葬儀に行った」ことになります。

 

後でさまざまな葬儀の形式を紹介しますが、ものによっては「通夜」「葬儀」「告別式」がいずれも省かれた葬儀もあるようです。

 

「葬儀」「葬式」「葬儀式」と呼ばれることもあり、それほど厳密な使い分けはされていません。

 

 

通夜・葬儀・告別式        

日本における葬儀は仏教式が主流で、全体の約9割にあたるといわれます。仏教式の葬儀において中心となる儀式が「通夜」「葬儀」「告別式」です。

 

これらは時代の流れとともにその役割や位置づけが変化してきており、世代によって認識に差があることもあります。

 

通夜

葬儀の前夜に行われる、故人とのお別れを惜しむ儀式です。本来は、遺族や親族、故人の友人などが集まり、夜を徹して故人に寄り添うという私的な儀式でした。また、昔は自宅で行われることも多く、身内と身近な人が集まるだけでした。

 

しかし、近年は、仕事で日中に参列できない弔問客を受け入れる、社会的な意味合いが強い儀式になっています。

 

 

葬儀

故人や喪主が信仰する宗教・宗派に則って執り行われる宗教的な儀式です。仏教式では僧侶が式を取り仕切り、読経や法話などによって故人の冥福を祈ります。

 

告別式

葬儀の後、遺族・弔問客が故人と最後のお別れをする社会的な儀式です。本来は、全員が式場から火葬場まで同行し、遺骨を埋葬する前に行われる儀式でした。

 

近年は、弔問客が火葬場まで行くことは少なく、式場での焼香が中心になっています。

 

 

一般的な葬儀の流れ        

ここでは主流である仏教式の葬儀を列に、大まかな流れを紹介します。伝統にならって恥ずかしくない葬儀を行いたい人も、趣向を凝らした葬儀を行いたい人も、まずは一般的な葬儀について知っておきましょう。

入居者によって最適なものは異なる     

多くの人にとって重要な判断基準となるのが、費用と要介護度でしょう。

費用については、「特別養護老人ホーム」など低料金の公的施設、幅広い高齢者をカバーするが高額なところが多い「有料老人ホーム」、その中間にあるのが「サービス付き高齢者向け住宅」であるといえます。

要介護度については、入居者の心身の状態を踏まえて適切な住環境を選ぶことになります。現在は、もちろん、将来のことも視野に入れて選ぶようにしましょう。


有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いは?

「サービス付き高齢者向け住宅」と「有料老人ホーム」は、物件によっては設備や料金などが似ているものがあります。とはいえ、その成り立ち自体が異なるため、以下のように根本的な違いがあるのです。

●有料老人ホーム
厚生労働省の管轄で、福祉・サービスの観点から成立。

●契約形態は利用権方式が一般的
●入居一時期が必要なところが多い
●居室面積は13㎡以上

●サービス付き高齢者向け住宅
国土交通省と厚生労働省の共同事業で、住宅の観点から成立。
●契約形態は賃貸借契約が一般的。住み続ける権利が保障される。
●入居時の費用は敷金・礼金のみで済むことが多い。
●居室面積は25㎡以上(共同スペースに十分な面積がある場合は18㎡以上)

ただし、近年は「有料老人ホーム」の設備要件が厳しくなったり、「サービス付き高齢者向け住宅」のサービスに関する監査が厳しくなったりと、状況が変化してきています。選ぶ際は類型だけにとらわれず、物件ごとの見極めが大切です。


過去と入居待機の問題                  

高齢者向け住まいには多くの選択肢がありますが、長く安定して暮らせるものに限定すると絞られてきます。

●「介護老人保健施設」は入所可能期間が原則3ヶ月と短い
●「介護医療型医療施設」は住まいというより入院生活に近い
●「ケアハウス(自立型)」は要介護度が上がると退去が必要

また、入居条件が厳しかったり、入居待機者が多かったりと、入居したくても思うようにいかないものもあります。

一般的に低料金のところは人気が高く、競争率が高くなりがちです。

●「特別養護老人ホーム」は入居待機者が多く、入居基準も厳しい(要介護3以上)
●「ケアハウス(介護型)」は入居待機者が多い。

生活困窮者や重度の要介護者の場合、入居において優遇されることがあるので、上記のように競争率が高いものも有力な選択肢になります。

一方、経済的に余裕があり、自立した高齢者の場合は、健康なうちから入居できて選択肢も幅広い「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」を検討してみるといいでしょう。

無料「友だち登録」で、LINEからも相続なんでも相談!

LINEやお電話でなんでもでお気軽に相談してください。

相続のご相談・全国対応

一般社団法人相続なんでも相談センター

相続に関することをご相談ください。

当センターでは、電話での無料相談を開催しております。

全国どこからでもお気軽にご相談ください。

相続専門のコーディネーターに無料で相談できます。

相談内容によってはお近くのコーディネーターが
訪問いたします。

相談時間は午前9時~午後6時

相続のご相談・全国対応

まずは、お話をお聞かせください

一人で悩まずまずは、ご相談ください

お気軽にお電話ください。

0120-197-927

受付時間/平日9:00〜18:00

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。