相談者の声|相続・土地相続・終活のことなら「一般社団法人相続なんでも相談センター」

LINEで個別相談 お問い合わせはこちら

[営業時間] 9:00 〜 18:00 / [定休日] 土,日,祝

相続・終活マガジン

ご相談者の声 相続「愛知県在住のSさん。母が高齢になった初めて慌てた。心配事が無くなってホットしました。」

2021/01/14

ご相談者の声 相続「愛知県在住のSさん。母が高齢になった初めて慌てた。心配事が無くなってホットしました。」

ご相談者の声


愛知県在住のSさん。(相続人:母、長女、長男)

ご相談者は長女のSさん。実はお父様がお亡くなりになった際に、土地の名義を変えていなかったとのこと。

 

自宅以外に畑にしていた土地がありましたが、その土地はお母さまも高齢になって作物を作ることもしなくなっていました。そこに不動産業者さんが売却して欲しいと尋ねてきました。ちょうど、お母さまの老人施設への入居を考えていた時だったので、「活用の方法もないし、売ってしまおう」と思われました。

 

そして、そのお金はお母さまの老人ホームへの入居代やその後のお金に使おうと思われたのです。

 

ところが、名義がお父様のままです。売却しようにも売却できない。慌てたSさんは相続なんでも相談センターの相談員に相談されました。

 

相談員がまず、相談に乗り、その後に遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成、お母様が相続することとなり、土地の名義変更の登記も済ませ、無事に売却を終えました。(不動産業者も当センターでご紹介しております)

 

ところが、それで話は終わりませんでした。お母様名義の土地が残っていたのです。お母様名義の自宅の土地と畑がありました。

 

これまで、家族で財産のことをどうするかを話し合われたことのなかったご家族は、お母様が老人ホームに入居される前に話し合うことになりました。

 

その話し合いには、当センターの相談員も一緒に輪に入り、話し合いとなりました。最終的に自宅は長男さんが、畑はSさん(長女)が相続すると決め、遺言を書き残しました。当センターでその遺言をお手伝いさせていただくことで、無事に遺言を作成することができました。

 

Sさんは、「これまで、終活や相続のことなど、考えてこなかったが、実は、自分の家族にも問題があったのだと初めて知った。最終的に母も遺言を遺せて良かったと言ってくれたので、本当に嬉しい。これで、心配することはなくなったので、母が一日も長く生きてくれることを願うばかりです」と語って下さいました。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

終活や相続の問題は、「まさか自分の家族にそんな問題があったなんて」と思うことは多々あります。誰もが終活はする時代。そう思って、まずは終活から始めてみてください。そして、ご不明な点が出てきたら、そのままにせず、是非ご相談ください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。